メンタル

闇をかかえてもそれを実行するかしないか

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 誰もが闇をかかえているはず

 

 
 

人間だれしも「闇」と言われる人に言えないものがあるはずだと私は思っています。

 

 

表面ではきれいごとを語りますが、どこかで汚い言葉で言いたいことであったり、心の中で相手を傷つけるようなことを考えたりするものだと思います。

 

 

日本では特にそうした言葉を表にしないこと、感情を出さないことを美徳としている点が大きいために、笑顔で対応しながら心の中で反対のことを考えているのではと思います。

 

 

自分は病んでいるとか、精神がおかしくなっているかもと思うかもしれませんがそうではなくて、誰もが抱える問題であってそれを表に出すか出さないかで「病んでいる」とレッテルをはられているにすぎないと考えています。

 

 

 闇を共有できる人

 

 

実際に「病んでいる」なと思う時に、その悩みや怒りを共有できる友人などがいれば助かりますよね。

 

 

どんなことでも自分の心の中にある病んでいるなと感じる「闇」の部分を友人に吐き出すことができれば、それ以外の人にその「闇」をさらけ出すことはなくなります。

 

 

この人「病んでいる」なと思われるのはそうした共有できる人に吐き出す作業ができていないことが大きな原因となっているかもしれません。

 

 

包み隠さず「自分はこういう人間なんだ」と素の自分を出すことって本当に大事です。

 

 

 自分の悩みや怒り、荒んだ考え方をさらけ出す
 
 

 

 

素の自分をさらけ出すことって相当勇気がいることです。

 

 

「こいつやばいわ」と思われることが何よりも怖いですし、特に仲良くしていた人ほどそのように思われることが怖いですよね。

 

 

人は人が離れてくことが何よりも怖いと思いますし、それを何とか力やお金でつなぎとめようともしますから。

 

 

ですから、身近な人にさらけ出すよりもこのようなブログやSNS上で元々知り合いではなかった人とつながりをもってさらけ出すことも一つの方法です。

 

 

10人中9人の人が「この人の考えやばいわ」と思っても、1人の人が「気持ちが分かる」と思えばそれでOKなんです。

 

 

元々自分の荒んだ気持ちなんて理解してもらえる人が身近にいるはずもなく、受け止めてくれる人がいたら超ラッキーなんです。

 

 

全国で探した中でもおそらく気持ちが分かってくれる人なんて本当に少ないでしょう。

 

 

勇気を振り絞ってさらけ出すことがまず先決です。

 

 

 表と裏

 

 

ブログやSNS上で自分の悩みや不満、荒んだ考え方をさらけ出すくらいなら私はOKと思っていて、逆に荒んだ考え方や不満を表に出したときが一番怖いと思っています。

 

 

闇の度合いにもよりますが、大きければ大きいほど自分の人生が破滅してしまう可能性もありますからね。

 

 

そうならないようにするための事前の吐き出しをしておかなければならないというわけです。

 

 

言葉にしているだけで、実際に行動しなければ良いわけですからね。

 

 

自分が悪いと思って命を投げ出してしまう人もいることからも、一人で抱え込むことがいかに危険かということなんです。

 

 

同じような悩みを抱えている人がいるかどうかをネットで探す人は結構多いと思います。

 

 

 まとめ

 

 

自分の素をさらけだす勇気だけは持つようにしましょう。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2022 All Rights Reserved.