メンタル

めいいっぱい遊ぶ

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 思いっきり遊べますか?

 

突然ですが、今思いっきり何もかも忘れて遊べますか?

 

子どもの頃って無邪気にめいいっぱい遊ぶことが仕事だったと思いますけど、大人になってからそれくらい無邪気に遊んでいる人ってどれだけいるんだろうって思います。

 

この人に迷惑をかけたらどうしようとか、楽しんでもらいたいって誰かに遠慮したり気を遣ったりしていないかなと。

 

そんなことを度外視して、めいいっぱい遊んでいるかどうかってものすごく大切です。

 

大人になって無邪気に遊べていますか?

 

 何もかも忘れる

 

夢中になって遊ぶことでどんな効果があるかというと、一瞬でも仕事関係や人間関係を忘れられるんです。

 

これって脳にものすごく大事なことで、どんどん良いことを自分の脳内に流し込まないと活性化しないわけです。

 

人間関係や仕事に埋もれてしまった状態が続くと、脳もカラダもしんどい状態が続いて全然良いことになりません。

 

思いっきり遊ぶことで普段の状況から現実逃避することってものすごく大事ですよ。

 

それが上手くできていない人ってものすごく多い気がしますし、できている人に対しても嫉妬してますます自分を追い込んでいる気がします。

 

 思い切り遊んでリフレッシュ!

 

1人でもいいですし、誰か友だちとでもいいので何もかも忘れて思いっきり遊んでみてください。

 

特に子育てをしている人にとってはものすごく大事ですよ。

 

子どもの目線に合わせることに悩んでいる人がいますけど、目線を合わせるんじゃなくて童心に変えれば済む話なんですけど、どうしても子どもに良い遊びは何かなとか考えてしまう人は全然ダメです。

 

家の中が思いっきり汚れるくらいのことをできますかってことで、そうでなくても自分が面白いなって思うことをやればいいだけなのに、子どもはこうしたら面白いだろうって思って子どもができそうなことをやろうとします。

 

そんなことをされたって子どもも全然面白くありませんし、大人が面白いって思っていることを子どもはやりたいって思うわけですから全然目線が合っていないんです。

 

大人が心から楽しめる遊びを子どもは憧れるわけですから、遊ぶときは思い切り遊んでリフレッシュするくらいのことをしなければなりません。

 

 心から楽しめることをする!

 

自分一人の世界に入ることが大事ですよ。

 

何も気にせず、誰からどう思われようとも自分の世界に入って心から楽しめることをしなければなりません。

 

本当はそれが一番やりやすいことだと思うのに、他人の目線が怖くなっている人はいつの間にかできなくなっているんです。

 

他人の目線ほどどうでもいいことはありません。

 

自分の世界に入り込んで思い切り心から楽しんでほしいです。

 

そうすれば幼い子どもの無邪気な笑い方ができると思います。

 

 まとめ

 

めいいっぱい遊びましょう!

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.