在宅ワーク

在宅ワークは多くの問題を解決する?

更新日:

在宅ワーク

昨今働き方の改革の影響もあってか、在宅ワーク、リモートワークという
言葉を目にする機会が増えてきました。在宅と聞くと古くは内職、
自宅で何かをするのだろうか?と漠然と考えがちですが
現在では在宅による仕事は以前と比較すると飛躍的に活性化しています。

文字通り会社に出勤せずに自宅で仕事をする事を指しますが
大きな出来事として、ネット環境の整備とコミュニケーションツールの
発達、普及が挙げられます。

多くの場所で高速回線が利用出来るようになると
自宅と会社でのファイルのやり取りは勿論の事、ネット上には
多くの情報があり、クラウド上(ネット上の情報保管共有スペース)に
アクセスが出来る事で自宅でも一定の業種において仕事が可能に。

在宅ワークには業務内容に制限がある?

在宅で仕事をする場合、物理的に不可能なものもあります。
例えば接客業、製造業、建設業等現地に本人が居てこそ成り立つような
現場での仕事が不可欠な仕事の場合は在宅勤務は出来ません。

在宅ワークと相性の良い仕事としてはIT関連が最も多くなっています。
例えばWEBサイトの構築、デザイン関連、記事の執筆等は
フリーランスのプロが存在しているように一貫して自宅で可能です。

パソコン1台あれば十分完結出来る為、自宅を事務所として
活躍しているプロも多く存在しています。

また一貫して在宅ワークで完結するようなケースとは別に
業務の一部を在宅とするという形態もあります。
例えば営業職の場合では顧客への訪問を行う時は出勤し
顧客情報の整理や、顧客へのメール等でのメッセージを送るような
自宅で出来る業務は在宅ワークで行うというスタイルも可能です。

常にフルタイムで出社させる場合と、自宅での仕事を半々にすると
経営側でも経費削減に繋がる等の利点もあるため、
企業によっては積極的に利用するようになってきました。

障害があっても病気にかかっても仕事が出来る

在宅ワーク

肉体的にも精神的にも健康で会社に問題なく出勤している場合でも
在宅勤務にする事で会社にとって経費削減や効率化等で
利点があるとは述べましたが、在宅ワークはもっと幅広い人材に
大きなチャンスと可能性をもたらしたとも言えます。

例えば精神的な問題から電車に乗るのが苦手な状況であったり、
パニック障害や鬱病の治療中等で、一時的に病状が悪化する時間はあるけれど
落ち着いたときは仕事が出来るというような場合には
この在宅ワークは大きな可能性を持っていると言えます。

実際に、事故によって身体的に常時勤務は難しいものの
WEBデザインの能力が高く、会社としては重要と判断されている
スタッフが在宅によって自宅で仕事をしている例があります。

会社とのやり取りは、コミュニケーションツールでいつでも可能。
電話を使う事無くメールのように自在にやり取りが出来ます。

スキルさえあれば自分ひとりで収入が

在宅ワーキング

会社組織に属しての在宅ワークは会社のオフィスで行う業務を
自宅で行い、最終的に会社の仕事として提出しますが
会社に属さずに個人で、自営業で在宅で仕事をする人も多く居ます。

個人で活動する場合はクリエイターに多く、事業届を提出し
屋号を保有し特定の業種に絞って活動するケースも。
どの場合も業務の中心は自宅にありパソコンとスキルがあれば
それが収益に繋がっていきます。

インターネット上で仕事の受注が可能に

ここ数年活況なのがインターネット上にあるサイトで
仕事を発注・受注するサービスです。以前は珍しいものでしたが
現在のように仕事をする形態が変化し、在宅ワーカーとして
自宅で仕事をするフリーランスが増えた現在ではメジャーになっています。

具体的にはWEBサイト関連全般、リサーチから営業関連まで多岐で
パソコンを使って出来るものであれば幅広い仕事が求められています。

非常に有名な大手企業に関連した事業の下請けであったり
聞けば驚くようなメジャーな会社の仕事もこうしたサービスで
見つける事もあるように、数年で一気に普及した印象です。

クラウドワークス等は知名度も高くなっていますが募集されている
仕事としてはホームページ関連のデザイン、管理、改良、更新、
メディア関連の編集、デザインの他ITを中心とした仕事が
非常に多く募集されている反面、人材が不足しているのが現状、
実社会の人材不足と同様に能力のある人は人気が集中しています。

こうした仕事は多くが下請けの仕事となりますが
中には会社の専属として活躍する在宅ワーカーもいます。
こうなると定期収入が安定しますから魅力的ですね。

在宅ワークをする為に必要なスキルとは?

在宅ワーク

在宅ワークは文字通り自宅や自分が用意したワークスペースで
仕事をする事、リモートワークと言われる事もありますが
会社と自宅を繋いで実際には会社に出勤していないため
リモートとも表現される事があるワーキングスタイルです。

ではこうした在宅ワークを実現するにはどういうスキルが必要でしょう?
まず最低限必要な環境に関しては気をつけたいものです。

自宅で仕事をする為にはスマホだけでは機能面、効率から
好ましくないと言えます。最低限でも効率よく仕事が出来るように
パソコンが必須と言えます。同時にパソコンで扱うデータが
ネット上で自在に送ったり受けたり出来るだけの速度のある
ネット環境も必須と言えます。

パソコンの種類はWindowsでもMacでも好みで問題ないですが
中にはOS(Windows各種/MacOS)によって使えないソフトもあり、
自分が使うソフトがどちらで使えるのかにより制限があるので
好みと同時に業務上どちらが向いているのかを考慮したいものです。

WEB関連の仕事をしている在宅ワーカーの中には
iPhone、Mac、iPad、Windows等多くのハードを常備している人も。
これはWEBデザインやシステム開発の際にそれぞれの実機で
表示確認、動作確認をする目的でもあります。

当初最初に用意するものとしては全てを揃える必要は無く、
パソコン1台とネット環境だけでも十分対応可能です。
(高度な開発等を行う場合にはこの限りではありませんが)

必要なスキル&心構え等がある?

現在はIT関連でも非常に幅広いものとなっているのが実情で
WEBサイトがネット上に非常に多くなった事もあり
文章を書くWEBライティングの仕事、以前のような単に見せるだけの
WEBサイトの制作よりもCMSをベースにした投稿可能なサイトの
需要が一気に高まったりとIT関連は常に需要が変動しやすいものであり
流行も早い段階で変化しやすい業界とも言えそうです。

というのもIT関連の場合は新しい技術や新しいスタイルが出てくる為、
常に進化と変化を繰り返しているからだと言われます。

分かりやすい所ではSNSの変動を見ると良いですね。
現在のTwitterやFacebookやInstagramの普及は比較的新しく、
以前はmixi等が普及していました。

SNSを見ても流行が変化するようにWEBサイトの形態を見ても
変動があるという事がわかります。
その為、在宅で仕事をこれからしたいと思う時には
現時点での必要とされている技術を持っているかどうか?が
最も重要とされます。また同時に過去の経験を含めた
ノウハウを持っていれば持っているほど対応出来る仕事の幅が広がります。

まずは基本を覚えた後でオリジナリティを

在宅ワーク

例えばWEB(ホームページ全般)の制作を在宅で行う事で
収入を得ようと考えた時、それが実現できれば
メンタル面で問題があっても身体的に問題があっても、
健常であっても時間的な自由、出勤しなくて良い事から来る
ストレスからの解放に繋がります。

では実際に在宅ワークで安定的に収入を得るにはどういう流れ、
どういう能力を持っていれば良いでしょうか?

ポイントは仕事を依頼しているクライアントの要求です。
クライアントは常に在宅ワーカー(フリーランス含む)に対し
ハッキリした目的をもって仕事を行える人を公募します。

  • 子供服のWEB記事を2500文字程度で執筆出来る方
  • 自社の古いWEBサイトをCMSでリニューアル出来る方
  • 顧客データをまとめて頂ける方
  • ポータルサイトのエンジニア募集

等々非常に的確に目的をもって公募している事が大半です。
クライアントが求める事を的確に問題なく行うことが求められます。

同時に予算も決まっている事から多くが「その業務」だけを
終わらせてくれれば良いというクールな面も同時にあります。
仕事の内容が高評価されて継続的に依頼される事もあるものの
基本的には単発的な仕事を常に応募して取っていく事が基本です。

仕事は幅が広く、多くの在宅ワーカーが自分の専門を持っています。
WEBライターの人はその仕事だけを継続して行い、
WEBデザインの中でもCMS構築、システム系等専門がわかれるので
自分の得意分野で活躍するというスタイルが多いものです。

そのお陰でノウハウが蓄積されていく為に、新しい技術や
流行が変化してもノウハウと新しい情報を取り入れる事で
常に最先端の仕事をこなせるという好循環が生まれます。

ハイレベルな先人が活躍する分野に入っていく

常にハイレベルな在宅ワーカーが既に存在する世界となるため
これから新規で参入したいと考える時にはまずは
自分のやりたい仕事に関して基本スキルを会得した上で
ノウハウを蓄積していく事が重要となります。

その為には多くの仕事を繰り返し処理する事が効果的。
クラウドワークスを始め、仕事を見つけるサイトの中には
初心者でもOKといった募集もあるのでこうした仕事に参加して
ノウハウを吸収する、ネット上の情報を吸収するなど
自分が活躍したいと思う分野のスキルをつけていきながら
既にハイレベルな人々が存在しているので比較される事もあるというのを
理解しつつも、自分なりの文章やデザイン等オリジナリティーも出せるので
そうした事も意識していくとより充実したものとなるでしょう。

在宅ワークはスキルさえあれば身体的な問題や、
精神的な問題はほぼ関係なく公平に評価されやすいものと言え、
半面しっかりとしたスキルが重要となります。

同時にクライアントが提示する納期もある事が多いので
決まった期間の間に仕事を終わらせる必要にも迫られます。
在宅といっても自由に、好きなように出来るというわけではなく
むしろ自己管理をしてしっかりと仕事に向かう必要があります。

当然、クライアントの意向を聞くときには
文章でやり取りをする事がほとんどとなるため、
重要な事はしっかり伝えられる文章コミュニケーション能力も重要です
併せてそうしたスキルも向上させながら活躍したいものです。

メモ

  • 在宅ワークでは本人のスキルがそのまま収入に直結
  • 自己管理をしっかりして業務を行う
  • 納期がある事が多いので納期厳守は必須事項
  • 文字によるやり取りは必須となる事が多い

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-在宅ワーク

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2020 All Rights Reserved.