メンタル

自分の素直な気持ちを抑制すると…

投稿日:

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 自制心
子どもの頃に我慢することを教えられてこなかった人はいないと思います。
おやつを食べる事、ゲームをする事、恋愛をすることなどなど…。
こうした自制心を培うことは大切なことで、特に思春期に我慢することを覚えないとその先の人生で我慢ができない大人になると言われているので、ある程度の我慢は必要だと私は思っています。
ただ、自制心ばかり身に付けても将来性はありません。
良い子でいようとする、人が良さそうに見えたいと望んだところで、本当の自分を抑え続けることは不可能で、大人になってからどこかで自分の本性を隠していてもどこかで限界を迎えてさらけ出すときがきます。
 偽りの自分

 

 

自分は良い子なんだと自分に言い聞かせていても本当の自分がそうでなければ偽りの自分を演じ続けなければなりません。

 

 

カッコ悪いとか思っても本当の自分を隠し続けることは無理です。

 

 

なぜ隠し続けることが無理なのかと言うと、自分のことを本気で心配してくれる人は本当の自分を知りたいとおもってくれますし、相手も素直な気持ちで接してくれるからです。

 

 

自分のことを本気で心配してくれる人を失うと、その時に自分が素直な気持ちを偽ってカッコつけていたことに気づくのですが、その時にはすでに時遅しで、後悔をしてしまう可能性が高いです。

 

 

 真面目な人ほどストイックに自制心を身に付けようとする

 

 

我慢でいる人は大抵真面目な人が多く、真面目な人ほど誤解をされるほどカッコ悪いことを嫌います。

 

 

また、周りの人もそうしていると思って我慢しようと努力します。

 

 

ただ、これは自分が望んだことではなくて、周りの目がただただ怖いだけなんです。

 

 

そしてそのことに気づかずに、それが本当の自分だと言い聞かせて我慢し続ける自分を演じ続けていくのです。

 

 

気の毒なくらいに負のスパイラルに陥り、人から誤解されて本気で心配してくれる人が周りからいなくなってしまうのです。

 

 

 自分の気持ちに素直になることが大事

 

 

やはり自分の気持ちに素直になることが一番大事です。

 

 

周りがしているから、とかそれが常識でしょと思うことがそもそも間違いであって、自分の価値観を尊重したり素直に自分の気持ちをさらけ出すことが楽に生きていくための一番の近道です。

 

 

我慢をし続けたらいつかは報われると思うかもしれませんが、実は一番遠回りなんです。

 

 

ある程度の我慢は必要ですよ。

 

 

周りに合わせること、周りの空気を読むことなど、生きていく上で必要最低限な我慢は必要かと思いますが、自分の素直な気持ちをどこかでさらけ出すことの方がもっと必要です。

 

 

相手に誤解され続ける辛さもありますが、何よりも自分の気持ちを抑え続けることが一番辛いです。

 

 

素直になることが一番大事です。

 

 

 まとめ

 

 

自分の素直な気持ちを探すのもまた大変な人もいます。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2022 All Rights Reserved.