メンタル 精神障害 障害

パニック障害であることを言えることで楽になった!

更新日:

 障害を抱えることは恥ずかしい?

私はパニック障害であることを最初は誰にも話せませんでした。

 

20年前にパニック障害を抱えるようになったのですが、今でこそ少しずつ認知されてきているものではありますが、当時はおそらくですけど「何それ?」レベルなものだったと思います。

 

今でも名前は聞いたことがある障害であっても、どんな症状があってどのような感じになるのかということも、こちらもおそらくですが詳しく知っている人は当時ほとんどいなかったと思います。

 

ですからわざわざ人に話すことは無いなと思っていました。

 

 障害を理解されない日々

しかし、障害であることを話さないことで、周りの人たちからの目線が変わってくることに気づきました。

 

パニック障害になると、約束した日に会えなかったり、電車に乗れない、家から出ることさえできないようになりますが、パニック障害であることを言っていないことから、「スケジュールを守れない人」「気分屋」「約束を守れない」という風に見られていくようになり、その目線が怖くなっていって、ますます家からでることができなくなりました。

 

この時が一番つらかったですよ。

 

理解してもらえないって思いがドンドン募っていきますから。

 

 家族の支え

それでも少しずつ回復に向かうことができたのは家族の支えがあったからです。

 

パニック障害を抱えることで自分自身を責め続けた日々がありましたが、家族の支えによって感謝する気持ちが芽生えました。

 

そして、自分がパニック障害を抱えているということを話すことで周りの人たちの目線を気にしながらも理解をしてくれる人がいることを知るようになっていきました。

 

最初は勇気がいることでしたが、今は正直に話すことの方が楽だとこの頃から気づきました。

 

 パニック障害と脳

人と会う約束をして、当日になると無理となる日々は今でもあります。

 

パニック障害は窮屈に感じるとダメなんですね。

 

電車がなぜダメかというと、人がたくさんいることによる窮屈さと、すぐに降りられないという窮屈さを感じると発作が起こってしまう可能性があるのです。

 

特に駅を通過する特急列車は無理だと思います。

 

電車に乗って発作をした経験があるので、一度経験すると怖くなります。

 

これは感情で左右されるのではなく、脳が自分の意思に関係なく反応してしまうのです。

 

自分を責めずに

家から出る、人と会う、などが出来なかった日々を過ごすと脳が反応して拒否をしてしまうことがあるのですが、それを理解してもらえないことで人付き合いが怖くなっていくのがパニック障害です。

 

まだまだ知らない人が多い世の中で、約束を守れない人だと言われてしまうと、自分はダメなんだと責めてしまう人はまだまだたくさんいると思います。

 

ですが、脳が意思に反して反応しているのですから自分自身を責めずに、素直にパニック障害を受け入れること、パニック障害を人に話していくことで私は随分楽になることが出来ました。

 

それでも、私のようにしたらいいですよとは言わないです。

 

それくらいに人と話すことへの勇気を出すことは難しいからです。

 

 まとめ

本当にパニック障害を告白することって勇気がいります。

 

人からどのように思われるか、どのように説明したらいいか、名称は分かっていても症状自体を理解している人が少ないこともあって、本当に辛いんですよね。

 

パニック障害の認知が広がることも含めて、視線が怖くない環境づくりができるように取り組んでいきたいと思います。

 

自立を目指しているならココ!

精神障害サポート/自立支援ネット

障害を持った方の在宅就労支援を行っています。様々なバックアップを精力的に行い、在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方となってくれます。

 

日常の悩みを聞いてもらいたい方はココ!

はるカレッジ

学習塾で一人一人の生徒さんと保護者に対して取り組んでいますが、引きこもりや不登校でお悩みの相談も受け付けています。

また、仕事でのお悩みなどを抱えた方のお話を聞いて楽になっていく方もいらっしゃいます。

日常生活にお悩みの方はぜひご連絡ください!



障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル, 精神障害, 障害

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2020 All Rights Reserved.