メンタル

自治体の人たちがコロナのワクチン接種をして批判を浴びる

投稿日:

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 批判を浴びる行政の方々
 
 
コロナのワクチン接種を町長や行政の職員さんたちが先に行ったということで騒動となっていますね。
 
 
ワクチン接種の優先順位として医療従事者と高齢者ということになっていたからではありますが、65歳の町長でさえ相当な批判を受けています。
 
 
というよりも、私自身がそれほどワクチン接種をしたくないと思っているからか、それほど行政に携わる方々がワクチン接種をしたことに対して何ら怒りの気持ちがないのです。
 
 
むしろどうぞ接種しておいてくださいって思うんです。
 
 
 変異株コロナ

 

 

正直なところ、変異株コロナは高齢者だけでなく若い人たちにも死ぬ確率が高くなっていて、もうここまで来たら感染しないように努力することと、自分の身体の免疫力を高めるほかないと思うんですね。

 

 

高齢者を優先にって言っていますけど、明らかに不特定多数の方たちと接触頻度の高い行政の方々も優先的に摂取すればいいのにって思ってしまいます。

 

 

ハッキリ言って政府が言っていることのほうがどうも信頼が薄いというか、各自治体に責任を押し付けている割に自分たちの政策が正しいと思っているところが見えて、一生懸命取り組んでいる自治体の方がよっぽど信頼できますよって話です。

 

 

医療従事者と高齢者を優先にと政府が言っているだけに自治体の方々も大変立場としては悪いかもしれませんが、私は構わないと思っています。

 

 

 ワクチン自体信頼できる?

 

 

そもそも論ではありますが、ワクチン接種をした後の副作用の方が実は怖いと思っています。

 

 

だからこそではありますが、ワクチン接種を先にやったやらないという声に関してそれほど敏感ではないわけです。

 

 

ワクチン接種がインフルエンザの予防接種と同じなのであれば、身体に抗体ができるようにあえてウイルスを体内に入れるんですよね。

 

 

本当に自分の身体に耐えうるワクチンとなるのかも分かりませんし、正直ワクチン接種の方が怖いです。

 

 

 ずるい考え方ではありますが

 

 

本当にずるい考え方ではありますが、ワクチン接種を行ってどのような副作用が起こるのかをある程度日本の中で見極めてから接種に臨みたいなと思ってしまいます。

 

 

これまで出て来なかった新種のウイルスに対してワクチンもまた初めて作られたわけで、人間の身体にどれだけ適用するかなんて怖いですよ。

 

 

感染するよりましなのかもしれませんが、医療従事者の方でも同じように思っている人も少なからずいると思います。

 

 

それは考えないようにするとしても、現場で大変な思いをされている方や、毎日の仕事で不特定多数の方に接する頻度が高い方を優先にワクチン接種すればいいと思いますよ。

 

 

 まとめ

 

 

今も昔もそういう声に身動きが取れないくらいに器の小さな意見が多いんだなと感じました。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2022 All Rights Reserved.