メンタル

身近に迫るコロナの脅威

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 身近でコロナ感染が増えてきました
 
 
 
去年の緊急事態宣言の時のように、身近にコロナ感染が増えだしました。
 
 
去年は自宅待機に専念するような流れに組めるように1人10万円の給付金もありましたが、今回は何もありませんので人の流れは止まることが無く、さらに変異株の感染力が強いので「そりゃ止まるはずないよね」ってな感じで感染拡大しています。
 
 
「去年よりもひどんじゃないの?」って思うんですけど、国も自治体も自粛を求めるだけで飲食業以外に給付もしませんから、そりゃ選挙負けるわって思いました。
 
 
というよりも本当にもうお金が無いのかもしれませんけど。
 
 
これでまだオリンピックやるって言っているんですから、その感覚の違いに去年と同じような思いを抱いています。
 

 

 身近になるとようやく騒ぐ

 

 

こういうことって身近になるからこそではありますが、いかに危険で感染力が強いかということが分かるもんですね。

 

 

大阪府で1000人以上の感染があってもまだまだ他人事でしたから。

 

 

一般人の考えでは大阪でこれだけ感染が拡がったら京都にもこれだけ大きくくるなんて感じないですから。

 

 

でも政治家は先見の明が必要ですから明らかに政治家失格ですけど。

 

 

本当でしたら給付金払ってでも自粛させるべきですけど。

 

 

それくらいに脅威な感染ですよ。

 

 

 改めて今できることは?
 
 

 

 

感染を防ぐために改めてできる事を確認しておきたいと思います。

 

 

まずは感染拡大してもいいように、自分の身体を鍛えておくことです。

 

 

単に筋トレをして鍛えるのではなく、免疫力を高められるような食事をしておくことが必要です。

 

 

ということは普段から添加物の多い食べ物を控えておくことが必要となりますよね。

 

 

毎日カップラーメンとかコンビニでカンタンに取り入られるものではなく、しっかりと買い物をして自炊していくことが大事ということになります。

 

 

あとは人混みに行かない、マスク着用は食事以外で徹底するなど、これまで通りの習慣づけをすることです。

 

 

 あとは…

 

 

あと肝心なのは、自分は感染しないと気持ちを強くすることです。

 

 

どちらかというと、体を鍛えたりするよりも気持ちをしっかり持つことの方が大事なのかもしれません。

 

 

前回の記事に運の強さについて書きましたが、自分が運が強いと思わない事には運は良くなりませんし、自分の気持ちを強く持たないとすぐにやられてしまいます。

 

 

どのようなときにも結局は気持ちをしっかり持たなければならないなということですね。

 

 

気持ちを落ち着かせる、気持ちをしっかり持つということが最終的には大事なんだなと思います。

 

 

 まとめ

 

 

とりあえず自宅で大人しくします。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.