メンタル

ルービックキューブから見る心理

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 ルービックキューブできますか?

 

 
 
ルービックキューブは私が幼い頃に流行っていたみたいですが、私の頃には既に衰退していたと思います。
 
 
キン肉マンの中で知恵の輪マンとルービックキューブマンが闘って、知恵の輪マンが「流行りが変わった」的な発言をしてこれからはルービックキューブの時代だ見たいな感じでしたけど、私がそのマンガを手にする頃には既にその流行りも終わっていました。
 
 
というのも幼い頃にルービックキューブをしている友人はいなくて、私の頃からはファミコンブームが巻き起こっていました。
 
 
そんなルービックキューブではありますが、チャレンジしたことはあります。
 
 
ありますが、一面だけ揃えられてあとは無理でした。
 
 
それ以上揃えることができず、というよりも未だにどうやれば揃えられるか全くわからずで、攻略できる紙や動画を見てもできないんです。
 
 
そんなルービックキューブについて書いてみたいと思います。
 

 

 ルービックキューブとは

 

 

ルービックキューブって実は回し方にロジックがあって、そのロジック通りに回転させていけば簡単にできるそうです。

 

 

だからではありますが、マジシャンの方たちがルービックキューブそのものを目で確認せずに手だけで6面揃えたりしちゃうわけですけど、指がその回転を覚えてしまうんです。

 

 

これは脳の機能と関連してくることですが、ルービックキューブは頭で考えて行うものではなくて手で行うものだということが分かっている人が揃えられるものなんです。

 

 

家の中のスイッチがどこにあるかを暗闇の中でも探せるようになるのは、毎日同じ習慣を行っているからであって頭で考えてやっていることではなく、身体が覚えていることと同じ理屈です。

 

 

毎回触っていればできるものなんです。

 

 

多分ね。

 

 

出来ない自分が言うのもなんですけど。

 

 

 クリアできるまでできるか?
 
 

 

 

おそらくですけど、毎日触っていればルービックキューブはできるようになると思います。

 

 

もちろんただ触っているだけでなくて、YouTubeなどの攻略動画を見たりしながら取り組まなければなりませんけど、毎日やっていたら感覚がルービックキューブを攻略してくれるようになります。

 

 

ただ、そこまでやりたいかどうかなんです。

 

 

この「そこまでやりたいか」どうかがものすごく大事で、ルービックキューブだけでなくてその他の勉強や仕事に例えると面白い視点が出てきます。

 

 

 ルービックキューブから見る心理

 

 

ルービックキューブをクリアしたいかどうかと言われると、そこまでルービックキューブに対して熱はありません。

 

 

では今取り組んでいる勉強や仕事に対して熱がありますかと聞かれた時に、「はい」と答えられる人はおそらく成功すると思います。

 

 

頭で考えて行動することも大切ですが、それ以上に毎日習慣づけするくらいに取り組んでいるといつかはできると思ってやっているものが実は一番成功しやすいんです。

 

 

そして、それを最後までやり遂げようと思えるかどうかで成功するかしないかのキーワードが隠されていると思います。

 

 

何事も熱を入れて取り組むことが大事ということをルービックキューブは教えてくれているのです。

 

 

 まとめ

 

 

頭の良さよりも大事なのは熱意です。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.