メンタル

1億人

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 世界の感染者数

 

 

世界のコロナ感染者数が1億人を突破しました。

 

 

日本の人口が1億人を突破したのは1966年と言われていますから、日本の歴史の始まりが日本書紀に記載されている紀元前660年であることから考えると、実に2500年かかって到達した数字です。

 

 

それがたった1年でその数字に到達したのですから、ウイルスの怖さがいかに脅威であるかがわかる数値です。

 

 

 感染者数の内訳

 

 

日本を含めた世界の感染者数です。

 

国     感染者数   死亡者数

 

アメリカ 2540万人   42.3万人

インド 1070万人   15.4万人

ブラジル 887万人   21.8万人

ロシア  370万人   6万8000人

イギリス 367万人   9万8000人

フランス 308万人   7万4000人

スペイン 263万人   5万6000人

イタリア 248万人   8万5000人

トルコ  244万人   2万5000人

ドイツ  215万人   5万3000人

コロンビア 203万人   5万1000人

アルゼンチン 187万人   4万7000人

メキシコ 177万人   15万人

 

大韓民国 7万5000人   1300人

 

日本 36.9万人   5100人

 

 

世界の感染者数と比較すると、いかに感染者数が多いかが分かりますが、それ以上に死亡者数もかなり増えていることが分かります。

 

 

日本の感染者数がアメリカの死亡者数よりも下回っていることが恐ろしいですね。

 

 

ただし、新種が感染しつつある中、日本の感染者数もこのまま停滞するとは限りません。

 

 

感染力が非常に強いと言われていることからも、さらに警戒していく必要があるような気がします。

 

 

 時短営業だけが感染を抑えられるのか

 

 

ここで改めて感じるのが時短営業だけで感染を抑えられるのかが疑問です。

 

 

世界の感染者数を見た時に、海外でも時短営業だけで抑えられるのかがものすごく気になるのです。

 

 

これはとても声を大にして言いたいのですが、お店側は結構対策しているところが多いと思っています。

 

 

夜の歓楽街でもかなり対策をされていたと思いますが、時短営業で営業すらできない状態となっているのが気の毒で仕方ありません。

 

 

夜の歓楽街が原因ではなくて、行く方々の質が問題なのが気の毒なんですよ。

 

 

国会議員が昨日、夜の歓楽街をはしごしたという報道がありましたが、国会議員が緊急事態宣言下でこういう行動をとるからこそ印象が悪くなりますし、ますます歓楽街へ出向く人たちが非難されることになるので、いったい何をしているのだろうと憤りしかありません。

 

 

改めて時短営業の必要性を訴えられる道を作っているのが信じられないですね。

 

 

 外出自粛ができる方法を

 

 

麻生大臣は未来の借金を増やすつもりなのかと言っていましたが、現時点で感染者数を抑えられる策を取れれば外出自粛が解禁されたときに衝動的に旅行したり買い物に行ったりってすると思うんですけどね。

 

 

貯蓄に回した割合が8割だったとしても、それぞれの家庭に都合があるわけでそれが解消したら使いますよって話なんです。

 

 

政治家がそうした人の心理を掴まずに一つの結果論だけで物事を進める時点で私は失格だなと思いますよ。

 

 

大阪の御堂筋線を片道6車線にした市長さんが当時の大阪市民にかなり批判されたようですが、今となっては車の交通量を見ても成功している策であり、政治家は未来への投資をしてなんぼだと思うんですけどね。

 

 

お金をせき止めているのは政治家本人であって、お金の流れる道をしっかりと作っていけるようにすればいいと思うので、今はとにかく外出自粛ができる策を打って、海外の感染者数に追いつかないようにしてもらいたいものです。

 

 

 まとめ

 

 

本当に海外ではもっと恐ろしいことになっていますね。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.