メンタル 仕事

メンタルに問題があっても仕事で活躍?

更新日:

メンタルに問題があっても大丈夫

業種を適切に選べば問題なく活躍可能?

現代病の一つとも言われているメンタル関連の疾患。
誰しも無関係とは言えないとも言える現代病の1つとなっています。

パニック障害・鬱等の他に様々なメンタル関連の疾患がありますが
昨今のストレス社会の中では知らないうちに症状を抱えてしまい
日々の生活に支障を感じてしまう人も少なくありません。

発症してしまうとまずは専門医による治療が先決ですが
ある程度回復した後には社会復帰を考えるものです。
若しくはメンタル面で不安を抱えている為に転職をしたい、
現在と環境を変えたいを考える事もあるでしょう。

メンタル面の改善には現在の問題のある環境から
新しい環境に移行する事が効果を出す事が多いようです。

具体例としては都会生活でストレスを感じてしまい
地方に移住する、現在の職場が合わずに転職したケース、
サラリーマンとして、公務員として働く事にストレスを感じ
自分で起業したケース等様々です。

ストレスを感じやすい仕事ってある?

ストレスを感じやすい仕事

仕事によって、職種によってストレスを感じるかどうかは
個人差があるようです。その職場で全く問題なく長年勤務し
特に精神的にも肉体的にも苦痛を感じる事無く過ごし
今後も長く勤めたいと感じる人が居る一方で、どうしても馴染めず
会社に出勤しただけでストレスを感じる人も居ます。

つまり個人差がそこにはあるように言われています。
個々に違いがあるように、許容出来るものが違うために
人と合わせようとしても無理な事があるものです。

そういった場合は無理をしているとストレスが蓄積してしまい
気分が沈んでしまったり、会社に行くのが苦痛になったり
時には夕方、夜になると明日の仕事が苦痛だと考えてしまい
眠れなくなったり悪化してしまう事があります。

メンタル的な問題は悪化してしまうと自分ではどうにもできず
専門医による治療による回復が適切ですが
初期の軽い段階で、メンタル悪化の原因となっている環境から
早めに脱する事が解決に向かう事も言われています。

メモ

業種により特定の仕事に問題があるという事は無く
自分にとってストレスを感じやすい業種かどうかを判断し選択。

ストレスを感じやすい職場とは?

常にお客様と接している接客業、常にお客様からの
意見やクレームを受ける電話係、毎月成績を徹底的に要求され
成績が低い場合には強い圧力を感じる営業職等、ストレスが
かかりやすい業種はあると言われていますが、全員がそうした
ストレスを感じる訳ではありませんが、ストレスを感じやすい
業種は存在するようです。向き不向きはあるのですね。

ポイントとして言えそうなのが、人と話す事が好きで活発な人は
接客業や表に出ていく仕事が向いていそうですが
人と常に接する事が苦手な人は、日常的に業務で人と接しない仕事。

コツコツと一つの事を繰り返し行う事が得意な人は
文字を書く仕事やクリエイター、身体を使いながら集中したい場合は
製造業等、自分の適性に合った仕事を選択する事が第一のようです。

メンタルに問題があっても活躍したい

メンタルに問題があっても仕事をしたい

メンタル面で不安があっても仕事は出来る状況の場合
自宅から全く出られない状況よりも苦しい場合があります。

倦怠感、不安感、不信感や無気力で全く行動したくない状況では
仕事の意欲が沸かない事が多く、まずはそうした面の回復が先決。
しかし回復をした後、少しだけ状況が悪いものの仕事はしたい場合
会社に出勤してお客様の対応をする所までは出来ない、
会社で同僚や上司と常に接する事は苦痛だと感じるような場合は
別の方法で自分の仕事を考える事も現代では可能になっています。
そうした方法にはどういうものがあるでしょうか?

自宅勤務によって仕事を受注する方法

働き方改革という言葉がメディアから聞こえ出した現代社会。
その中に在宅勤務というものがありますね。
会社と自宅は現在ではインターネットで繋がるようになっています。
多くの人々がスマホを保有するようになりWi-Fiも整備されました。

こうした通信環境の充実も相まって自宅のパソコンで仕事をし
会社のサーバーや上司に仕事結果を送信する事によって
業務を遂行するスタイルです。

こうしたスタイルは事業の効率化や人件費の削減、
経費の削減の為に行われるものですが、メンタル的にも
通常の勤務より楽だという意見が多く聞かれます。

自宅勤務による仕事の中心になっているのがIT関連となっており
例えばWEBサイトの制作、記事の執筆、各種デザイン、
経理関連などパソコンを使って出来る仕事が多くなっています。

会社員として自分の就職した会社の仕事を自宅で行う以外にも
クラウドワークスやココナラといったクリエイターが仕事を
企業や個人等から受注するサイトも充実しており
実力があれば技術がしっかり評価される環境も整っています。

こうした事から専門的技術を身につけていると
自宅で仕事が出来る可能性が広がりますね。

メモ

パソコンで出来る技術を身につけていると自宅で受注可能。
逆に言うと専門的知識とパソコンは必須とも言える。

独立・起業も問題なく可能

起業もメンタルに問題があっても可能

メンタル面で問題を感じる場合でも独立や起業が可能です。
中には手に職を活かして木工工場を開設しオーダーメイドによって
家具等を製造してネット販売で成功した人や
WEB関連技術が優れておりネットで仕事を受注して仕事をし
成功している人も多く存在しています。

ポイントとしては自分が現在メンタル面に問題を抱える原因が
何なのかをしっかりと知る事だと言われています。

例えば技術的にしっかりしたものを持っているものの
会社に属して膨大な仕事量と納期を抱える事が問題であるとか、
顧客からのクレーム対応だけが問題であるとかの場合には
独立、起業する事によって特異な部分を有効に使える事があります。

余談として起業した場合には自分が苦手な部分は別にスタッフを募り、
営業や電話対応をスタッフに任せる事によって問題を回避した
自営業者、経営者も存在しています。

メモ

自分に得意分野・技術がある場合は自営、起業も夢じゃない

 

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル, 仕事

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2020 All Rights Reserved.