メンタル

何もしたくない時

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 何もしたくない時ありませんか?
 

 

何もしたくないと感じるときありませんか。
 
 
これはごく当然な身体の反応であると私は思っていて、おそらくですけど脳が「休みなさい」と指令を出しているんだと思います。
 
 
普段から頑張っている人頑張っていない人といるかもしれませんが、何もしたくないと感じた時はどんな人も平等に何もしないことが一番です。
 
 
頑張っている頑張っていないなんて実はどうでもいいことで、、単に頑張った頑張っていないということは人間社会が作り上げた価値観であって、生物としては全く関係のない話です。
 
 
 疲れた時は本能のままに生きるのが一番

 

 

身体に無理はいけません。

 

 

なぜこのように無理をしないことを言い続けるのかというと、無理をして自分の体を壊してきた人を見てきたからです。

 

 

自分の体がしんどいと脳が指令を出しているにもかかわらず、他の人に迷惑がかかるからと自分の体に無理をして働き続けることで、脳も体も限界になってつぶれてしまうんですね。

 

 

真面目な人ほど頑張ってしまいますし、自分は頑張っていないと思っている人ほど頑張っていることが多いため、先ほどのように頑張っている頑張っていないということは関係がないということになります。

 

 

 自分が無理をすることで他の人は助かるのか?

 

 

自分が頑張っていくことで本当に他の人は助かるのでしょうか。

 

 

もちろん助かると思うでしょうけど、無理をしてまで取り組んだことに対してそれ以上のお礼もそれほどなかったり、むしろ頑張ることが当たり前のように扱われることの方が多いです。

 

 

つまり、自分が無理をして取り組んだことに対して、心の底からありがたいと思われることはわずかであり、心で思っていたとしてもそこまでです。

 

 

しんどいときにはしんどいと言わないと相手には伝わらない、これが原則です。

 

 

 しんどいときにしんどいと言える関係性があるかどうか?

 

 

どんな人も限界はあります。

 

 

働きすぎると優秀な人はその対価が合っていないとその場から離れます。つまり辞めていきます。

 

 

実はこういう例が今本当に多いなという話をじかに聞くことがありますし、ネット上でも聞こえてくる話でもあります。

 

 

コロナ禍であらゆる人が神経的にピリピリしているんだと思うんでなんとも言えませんが、ただこういう時だからこそ人の真価というものが問われるんですよね。

 

 

しんどいときにしんどいと言える関係性がここで確認が取れたら、上司であったり経営者の器が見えてきますし、今後も付き合い続けてよいものかも分かります。

 

 

勇気がいることかもしれませんが、自分の体を最優先してしんどいときは休むようにしましょう。

 

 

 まとめ

 

 

休む勇気も必要です。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.