メンタル

意外とわかっていない自分のこと

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 自己分析
 
 
 
他人のことはよく分かっていても、自分のことはよくわかっていないことってよくありませんか。
 
 
シティーハンターの冴羽獠もそうでしたが、他の人の気持ちは分かっていても自分の気持ちの整理ができていなくてもどかしい気持ちになることはマンガを読んでいてもよくあることです。
 
 
ラブストーリーなんてまさにそうで、視聴者・読者としては2人がくっつくものとして見ていても、お互いの気持ちの整理ができていなくて見ているこっちがイライラしてしまうなんて感じを持ったことが私はよくありました。
 
 
東京ラブストーリーなんてまさにそんなドラマでしたよね。
 
 
ただ自分のこととなると思っている以上に自分のことがよく分かっていなくて、ついつい後悔してしまうなんてことがあったのではと思います。
 
 
ということで今回は自己分析に関して自分なりに考えてみたいと思います。
 

 

 自分が何をしたいのかわからない

 

 

将来の夢が幼いころに分かっていればどんなに楽だっただろうって思いませんか?

 

 

野球選手になりたいと思って毎日毎日素振りの練習をして取り組んできたらもしかしたらプロ野球選手になれていたかもしれない、と。

 

 

たとえ簡単にプロ野球選手にならなくとも日々努力してきたことが一つの糧となって今の生活を支えてくれるのであればとても良い経験値を得られたのではと思ったり。

 

 

アスリートでなくとも将来の夢がしっかりあれば大学受験に対してももっと前から準備をして通いたいと思える大学に通って資格が取れて、充実した生活を送ることができていたのではと思ったり。

 

 

そうなんです、最終的に自分が何をしたいのかを見つけられない人はいつまでたっても本気になれないんです。

 

 

見つかれば本気になれると大人になってから考えるかもしれませんが、正直なところ今見つけてもいいわけで今考えてやりたいことをやればいいのですが、結局何をしたらいいのか分からないから周りが見えないくらいに頑張ろうとしない人が多いわけです。

 

 

 本当に好きか分からない
 
 

 

 

恋愛において本気で人を好きになっていないから浮気をする、不倫をする、会話がない、別れる、という感じになったことはありませんか。

 

 

自分の気持ちに正直になって恋愛をしてきたかどうかでその後の生活もガラリと変わります。

 

 

自分に妥協して生きてきて恋愛をしてきた人はやはりその後の結婚生活も妥協の連続となってしまい、外の景色がよく見えてしまうのではないかなと思います。

 

 

本気で好きになった人にぶつかって好きと告白して恋愛をしてきたかどうかで決まりますし、そうではなくなんとなくで付き合ったとか、なりゆきでくっついたとなると後々が大変です。

 

 

しばらくして結婚してから本当の気持ちはどうだったのかを考えさせられ、後悔した時には既に遅いことになってしまうのです。

 

 

 気が付いたらおじいさんおばあさん

 

 

今の自分は本気じゃないから、これからが自分の人生だと思っている人はその先にも本気になれる場面がないと私は思います。

 

 

ダラダラ生きていて、いつかは自分の本機を見せてやると思って生きていても人生限りがあることは当然であり、気が付いたらおじいさんおばあさんの年齢となってしまって、本気になれないまま人生を終わらせることになってしまいます。

 

 

意外と自分の人生の短さに気づいていない人は多く、本当に大事にしなければならない家族よりも他の女性であったり遊び・ギャンブルに時間を費やして、その後からじっくりと家族を大事にしようと思っても、おじいさんおばあさんになってしまってそのままどこにも出かけられない体になってしまっては元もこうもありません。

 

 

自分のことをもっと関心を寄せて考えれば今大事にしなければならないことって本当にたくさん見えてくると思いますし、今という時間を仕事はもちろんのこと、それ以外のことにも全力で取り組むことが大切だと私は思います。

 

 

 まとめ

 

 

自分を大事にしてこそ相手のこととも大事にできるのだと思います。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.