メンタル

極限までお腹が空けば生きようとする

投稿日:

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 とてもお腹が空いたとき
 
 

 

今まさにこのブログを書いている最中にとてもお腹が空いているわけなんですけど、この時にまず頭によぎることは何かというと
 
 
「とにかく何か口にしたい!食べたい!」
 
 
という思い、それだけなんです。
 
 
人は、というよりも生物全般に言えることなんですけど、とにかくお腹が空きすぎたら考えることはただ一つ、空腹を満たすことだけ、それだけなんだなと思いました。
 
 
私は歩いているときなどにお腹が空く時があるんですけど、そんな時に公園で遊んでいる子供たちの姿を見ても何も羨ましいとかも思わないですね。
 
 
おそらくカッコいい車を運転している人を羨ましいとか、お金持ちを見ても何も感じずに、ただひたすら何か口にしたい、食べたいという思いだけが頭によぎると思います。
 
 
 贅沢になりすぎた

 

 

やっぱり余裕があるとお金持ちになってリッチな生活がしたいとか、もっともっと遊びたいとか旅行したいとか考えますよね。

 

 

他の誰かと比較をして自分はダメだと悲観的になったりして、落ち込んだりとか。

 

 

それって実はものすごく贅沢なことなんだなと今空腹の自分が感じるわけですよ。

 

 

あまりにも空腹であるときって生きようとする力が出てくるというか、とにかく食べないと話にならない気持ちになります。

 

 

まあ簡単に冷蔵庫の中にあるものとかを食べればいいんですけど、最近ここまでの空腹になっていなかったものですから、その感覚をもってこの文章を書いているというわけです。

 

 

 この気持ちが本当は大事なんじゃないか?

 

 

あまりに考えすぎると生きていくことにすら疲れることもあります。

 

 

私もそういう風に考えたことはありました。

 

 

生きていて何が楽しいんだろうとか、このまま生きていても何もないんじゃないだろうかとか、どんどんどんどん気持ちが落ちていく時があったんですね。

 

 

ただ、生物的にこれだけ空腹になるとそれすら考える力がないというか、ただただ眠ろうという風に脳が働きだそうとしているのが分かります。

 

 

空腹が満たされないとなぜかしら寝なさいと脳から信号が送られてくることがただただ悔しいというか、そんな気持ちも沸き起こってきます。

 

 

理性というか本心としては何かを食べて他に別のことがやりたいとか思う自分がいるわけで。

 

 

ただ、人間社会の常識とかにとらわれすぎて、生物としての本能が発する信号のほうが実は大事なんじゃないかと最近特に考えるのです。

 

 

そういう意味ではこういう空腹になる瞬間も大事なのかもしれませんね。

 

 

 最後には生きたいと思えるように

 

 

人間考えすぎるとどうしても死んでしまいたいとか、あまりよからぬ方向に物事を考えようとしてしまうものです。

 

 

本当に自殺をしてしまった人も、本当に追い詰められないままに自分の命にケリをつけてしまうこともあるそうですね。

 

 

ついつい自殺をするような行動を取ってしまって、誤ってそのまま命を落とす人もあるとか、そういうことも聞いたことがあります。

 

 

本当に追い詰められている人もいるとは思いますが、そうなる前にこうした空腹になって生物としての原点に立ってみるのもありなんじゃないのかなと思ったりします。

 

 

あまり軽はずみなことは書けませんが、極限の空腹であれば何か見えてくるものもあるかもしれないなと思うわけですよ。

 

 

やっぱり何かを口にしたい、食べたいという本能は大事だなと思いますし、これが生きようとする力なのかもしれませんから。

 

 

 まとめ

 

 

早く何か口にしたいと思います。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.