メンタル

不老不死になりたい?

投稿日:

 

 

合同会社オレンジ・ライフ。の紹介動画

 

 

 永遠のテーマ

 

 
 
不老不死は人類の永遠のテーマかなと思っています。
 
 
ドラゴンボールのベジータやフリーザも神龍にお願いしようとするくらいに憧れる不老不死。
 
 
ただ、これからの医学や食生活の発展で不老不死に近い形で生きていくことが可能になる時代が来るだろうなとは思っています。
 
 
食生活だけでも細胞の活性を図ることができたり、医学の力をかりてさらに寿命を延ばしていくことになるのかなと。
 
 
死ぬことに対して恐怖を持つのは当たり前なことですが、逆に考えたら死なないことへの恐怖は無いのかなとさえ思います。
 
 
今回は健康に生きられたときの人生を書いてみたいと思います。
 

 

 90歳から100歳まで生きられたら

 

 

私が幼い頃の100歳で有名な方といえばきんさんぎんさん。

 

 

笑顔が素敵で2人仲良くかどうかは本当のところ知りませんが、その年齢まで健康に生きようと思えば生きられるんだなと認識したものです。

 

 

ただ、同時にこんなことも頭に浮かんでいました。

 

 

100歳まで生きても、今の自分のように元気に走り回ったりはできないんだろうなと。

 

 

40歳を超えてからも若い頃のように身体が動くはずもなく、身体に無茶をすればするほどその反動がきつくなることを感じるわけです。

 

 

この先さらに体の自由が奪われていくのだろうなと。

 

 

90歳から100歳まで生きたとしても、人としての自由が限られてくることに自分は耐えられるのだろうかと不安になることもあります。

 

 

 知り合いがいなくなる
 
 

 

 

90歳を超えたお祖母さんと話す機会があるのですが、旦那さんも亡くなられて友人や周りの知り合いもいなくなると寂しい日々がずっと続くそうです。

 

 

口癖のように「早く死にたい」と言われるんですね。

 

 

そんなことを言わんと長生きしてねと話すわけですけど、同じ立場であれば同じように言ってしまいそうです。

 

 

もちろん周りに若い人たちに慕われることもあるでしょうけど、私自身が5歳以上年の離れた子と話していても価値観が違い過ぎて話が合わないと感じているのに、90歳前後にもなるとさらに何十歳と年の離れた子と話すなんてさらに合わないでしょう。

 

 

おそらく自分の居場所ではないと感じたりするのではないかと思いますし、長生きする事がどれだけ良い事かもその価値が分からなくなるなと感じました。

 

 

 改めて不老不死に憧れる?

 

 

改めてですけど、不老不死に憧れますか?

 

 

みんながみんな不老不死になればずっと楽しい人生かもしれませんけど、人が増えすぎて地球では過ごしていけない問題が出てしまったり、何かと問題も増えそうです。

 

 

1人で不老不死になっても若い頃の自分を知っている人がいなくなりして最終的にはずっと寂しい人生が続いて、もう死んでもいいかなと思っても死ねないのもどうなのかなと。

 

 

難しい感じではありますが、自然なママが一番いいのかなと思いますし、時の流れに身をまかせ♪とテレサテンの歌のような人生がいいんだろうなと思いました。

 

 

まあ不老不死になることはないでしょうから、自分の人生に悔いが無いように生きたいものです。

 

 

 まとめ

 

 

意外といいことがないなと思いました。

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-メンタル

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2021 All Rights Reserved.