仕事 障害

障害を補う方法は多く存在する?

更新日:

障害を補う

不得意な部分をカバーする方法もある?

実際に既に障害があるものの克服若しくは
それらと同居しながら社会の中で就労している人々、
中には成功を収めている人はどういう対策をしているでしょうか

例えば進行性の難病を患っている経営者がいますが
彼の場合はある程度は薬により進行を遅らせる事が可能なものの
どうしても身体的な問題は大きくなってきます。

しかし周囲のスタッフが経営者の肉体的問題をカバーしながら
会社の運営は問題なく出来ています。
自分の出来ない事は他のスタッフに任せるという方法もあります。

こうした経営者の例も一つの「カバーする」に該当します。
経営者でなくとも自分の障害・病気によって得意ではない部分は
何かしらのフォローをする事で回避出来る可能性は秘めています。

障害者雇用促進法による雇用の拡大

障害者雇用

障害者雇用促進法により企業は一定数の障害者雇用が義務となり
社会の中で多くの人が活躍するに至っています。
そもそも障害に関係なく十分な能力を持った人は以前から多く
そうした能力を活用するのは当然の事ですし雇用の機会を
社会が奪う事は問題な事です。

実際にはデスクワークが多くなっていますが、こうした現場では
障害に応じてフォローが多くされています。
同時に環境も徐々に障害を感じないように整う動きが見られます。

視力に障害がある場合にはモニターや聴覚で補助をして
デスクワークをよりスムーズに行えるようにとの対応、
聴覚に障害がある場合には主に視覚で補う対処がされたりします。

こうしたように障害があるからといって職務が遂行出来ない事は無く
不得意な部分は何かしらの対策が出来る可能性があるという事を
知っておいて欲しいと思います。

営業職でも活躍している人は多い

障害があっても営業は出来る

営業職をやってみたいという人は少なくありません。
障害がある為に外回りやクライアントまで出向けないからと
諦めているとしたら決してそうも言いきれません。

現在の営業は飛込による訪問ばかりではなくなっています。
中には効率が悪いからと飛び込み訪問をしない会社も出てきています。

オフィスのデスクで、自宅で在宅ワークとして
パソコンを使った営業により大きな成果を出しているケースもあります。
また電話を使ったアポイントメント業務によって才能を発揮し
障害の無い人の数倍の結果を出している例もあります。

電話での会話、トーク力のずば抜けた能力があれば
電話営業によって成果が期待出来、パソコンでの文章力があれば
デスクワークで大きな成果を出す事も可能です。
障害を持っての就労は不得意な部分を何かしらのもので
フォローするという事は一つの成功の為のポイントと言えそうです。

不得意な部分は補助で対策。得意な部分を伸ばせばOK

自分で事業を立ち上げて経営者になる事も

障害があっても経営者になれる

専門分野の能力を持っていたり、得意の分野があれば
肉体的・精神的障害があっても経営者として活躍する事も可能です。

現実問題として、肉体的に障害がある場合には時には
車椅子を使う必要があるかもしれませんし、動かしにくい箇所が、
視力や聴力に障害がある事もありますがそれらを補う方法を考え、
時にスタッフの助けを借りながら全体を運営する事も可能です。

但しリーダーとして活動するには人間的な魅力が必要なだけでなく
突出した考え方やスキル等人間的魅力も求められます。
自分がリーダーについていこうと思う時にどういう人物なら
そう思うのか、感じるのかを想像すれば分かりますね。

障害を持たない人であっても経営者として人を引っ張るのには
誰でも出来る事では無いものです。かといって障害があるからと
能力がある場合には可能性はゼロではありません。

自分がどうしても経営に携わってみたいと思うのであれば
十分な準備をした上でチャレンジする事も視野に入れたいですね。

経営をする場合は能力は勿論、どうしても資本金は必要となる為
自己資金を用意するか機関を利用して融資を受けるか等
運用資金を考える必要が出てきますが、国や県が新規事業には
融資支援を行っている事があるので利用するのも手でしょう。

能力と資金があれば経営者として活躍する事も可能

情報はインターネットで相当数得られる

スキルはネットで収集

以前は自分が欲しい情報が出てきた時にはまずは人に話を聞き、
書店に出向いて専門書、関連書を読み漁るという事が当たり前でした。
せっかく書店に出向いても自分が欲しい、知りたいと思うような情報と
棚に並んでいる本が全く違っていたり、自分が欲しい情報だけが
手に取った本に書かれていなかった等悔しい思いをする事が多く
何か新しく勉強したい、始めたいという時には苦労の連続でした。

近くに自分が知りたい事に詳しい人がいれば良いものの
見つけたとしても自分が知りたい事に詳しいわけでは無かったり
個人的な主観で話をするばかりだったり、時間だけが過ぎたものです。

所がここ数年のインターネットの普及、個人レベルのブログの普及、
SNSも広がった事で情報にアクセスしやすい状況になっています。

まずは興味のある事柄を検索して見る

スマホ・PCを使って自分が興味のある事、気になる事をまず検索。
既に多くの先輩が抱えている悩みを克服しているかもしれません。
特に障害を持った人々の個人ブログ等は大変参考になります。

昨今は障害を持っていても環境が以前より改善された職場も多く、
自ら経営者として活躍するケースも増えています。
そうした人々は自らの経験と改善策等をSNSやブログで発信し
自分の得たアイディアや改善策、補助案を教えてくれます。

自分が進もうとするものが専門的であればあるほど、
まずは一般的に使えるアイディアを吸収した上で
専門的な情報を加えて収集する事が鍵になってきます。

  1. インターネットで情報を収集する
  2. 専門的な知識等はAmazon等で書籍を検索する
  3. 個人SNS・ブログから情報を収集する
  4. 質問出来るサイトやブログがあれば活用
  5. 公的機関のサイト・援助も積極的活用

誰でも閲覧、利用出来る情報と書籍購入等による専門的な情報を
併用して自らの進もうとするジャンルの知識を高めていくと
効果的にスキルを高める事が出来るでしょう。

メモ

誰でも閲覧出来るネットからの情報、専門書等でしか得られない
専門的な情報を併用して自分のスキルに繋げよう

知識と共に現場での経験が更に強みに

現場の経験がスキルの仕上げ

どの職種に限らず最も重要となってくるのが「経験」。
確かに頭の中の知識だけでスキルがあるとも言えなくもないですが
実際にスキルを使ってお客様とやり取りをした経験こそスキル。

経験を繰り返す事で何を求められるのか?何がいけないのか?
失敗も何度か繰り返すうちに、リスク回避能力も身に付きます。

年配の経営者にある安定感と余裕を感じた事は無いでしょうか?
一般のサラリーマンでも同じで新卒の若手よりも
50代60代の年配の経験を多く積んできた人は頼りがいがあります。
その背景には単に年齢を重ねたというだけではなく
それまでの経験が立ち振る舞いに表れています。

何かトラブルが起こった時、臨機応変な対処に迫れた時に
それまでの経験で培った多くの対処法の引き出しが多いのですね。

こればかりは現場の経験によるものも大きいものなので
未経験で知識だけの新人には中々真似が出来ないものです。

自分がある程度の方向性を決めたら情報を収集し
最低限のスキルを身につけた後はしっかり経験を現場で
するようにしたいものです。

仕事は知識と経験両方バランスよく持っているのが理想

障害者就労支援サイト

オレンジ・ライフ

自立支援オレンジライフ

障害を持った方の在宅就労支援を行う会社。様々なバックアップを精力的に行っているオレンジライフ。在宅勤務支援や様々な技術を有し支援に心強い味方。未来への懸け橋になる会社です。

-仕事, 障害

Copyright© 精神障害サポート|自立支援ネット , 2020 All Rights Reserved.